高齢化社会に求められるバリアフリー住宅は人に優しく健康的な住まい

FH034_L
高齢化社会に求められるバリアフリー住宅は人にやさしく健康的な住まいとなる
対策はたくさんある。自分に合った方法を選ぼう。←ちなみにこちらからは多くの物件を見ることができます。対策を見て参考にしましょう。
では、健康で安全なバリァフリー住宅をつくるためにはどのようにしたらよいのでしょうか。そのためには、細かなものの積み重ねをしていくしかありません。それこそ、手摺りを付け、段差をなくすことからはじめ、階段も幅広くゆったりとさせ、滑らないように留意します。廊下は車椅子が通れるよう、幅一メートルは確保しましょう。トイレも車椅子で入ったときに、介護する人のスペースがあるように設計される必要があります。浴室にもさまざまな工夫を凝らしたいものです。たとえば、体の不自由な人が衣服を脱ぎやすい脱衣室になっているか、脱衣室から浴室への移動がスムーズにできるか、浴槽は適度の高さになっているか、といった点を配慮すべきです。そして、つい見落としてしまうのが照明関係です。年を取ると、見るものすべてが暗く感じるようになるので、より明るいものにしたいところです。スイッチは形が大 きく、手の不自由な人でも押しやすい構造になっていることが要求されます。取っ手もドアの面材部分に凹ませたものではなく、大きなものを取り付けてあげましょう。

日本は社会経済的階層差が欧米諸国ほどではないとされるが,わが国における郊外住宅団地
の居住特性の問題として,年齢別人口構成の問題が深刻化している。わが国の
郊外住宅団地における年齢別人口構成の偏りに関しては,田辺ほか(1976b)
が仙台市周辺の住宅団地を対象として,住宅団地の造成年代,造成主体,団地
の立地位置の差異と年齢別人口構成との関係について分析し,造成年代との密
接な関係を明らかにした。