社会とつながりのある親しみやすい住まいを建てましょう

FH043_L
新しい家を建て、その家の前の道を住民が通ったときに、以前よりもほっと心があたたかく感じる住まいをつくりたいと、私は思っています。たとえば、道路側に家族団らんの明かりがこぼれていたり、子供部屋を道路側に位置させることで、その家の子供の名を呼ぶ声が広がるようにします。このように、社会とのつながりのある親しみやすい住まいを手掛けたいと願っています。門や塀をつくらない代わりに、樹木を植えて角地としてのランドマークの役割を担わせています。道路からは、子供部屋・寝室・リビングの明かりで、家族の気配を感じることができます。美しい町並みをつくるということでは、日本中どんな場所でも画一的な住宅を建てているハウスメーカーの責任は重いと思います。これからの家は20年、30年で壊してまた建てるという考え方ではなく、50年、100年と住まい続けていくものです。ハウスメーカーは、建てたあとの保障や管理がいいと言いますが、今の時代では、そのハウスメーカーも10年後にはなくなっているかもしれないのです。ですから、ハウスメーカーや建売住宅に安易に決めてしまわないで、唯一自分の家族だけの空間をつくることに挑戦してみるべきです。
予算が許す限り、もしもの時の為の設備を検討しましょう。家 高く売る ←こちらのサイトでいろいろな物件を見られます。
家づくりは、家族にとって一大イベントであり、改めて家族の絆を強くする絶好の機会です。子供にとっても、家が完成していくまでのプロセスは、学校の教育では体験できないすばらしい創造の場となるはずです。事実、私の設計した家の子供の何人かは、家づくりの楽しみを体験した結果、建築の道へと進みました。家族が一緒につくった家はいつまでも大切に守っていこうとし、町並みや環境への配慮も育まれていくのではないかと思います。