同居が息子夫婦か娘夫婦かで事情が変わる

FH038_L
息子夫婦との同居は、日本に従来からある典型的なスタイルです。ところがこのケースでは、育った時代背景や環境、価値観の違う主婦が一つ屋根の下で過ごすため、日常的に評いが起こる可能性が高くなるわけです。このような「嫁姑問題」を解決するためには、たとえば「女の城」と称されるキッチンに着目し、子世帯にサブキッチンを設けるなどの工夫を心掛けるべきです。娘夫婦との同居は、女性が主導権をもつ家事や育児の協力態勢がスムーズに行えるスタイルで、このところ注目を集めるようになっています。俗に言う「マスオさん現象」は、女性の社会進出にともなって、今後ますます増えていく傾向にあるようです。このケースにおける注意点は、対外的に子世帯主人の独立性をアピールしてあげる必要があります。そのためには、玄関や接客スペースを別々に設ける配慮をしたいものです。昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。
その他の不動産に関する情報は、←こちらのサイトからたくさん見られます。
また、働き盛りである子世帯主人は、住々にして生活サイクルが親世帯とは合わないものです。しかも、同居相手が妻の両親になるわけですから、子世帯専用の浴室やシャワールームを設置して、帰宅後に気がねなく利用できる工夫を凝らしてください。

そのなかで店田は,ニュータウン居住者の家族構成には高い核家族率,地方圏出身
者が多く,30~40歳代の比較的若い世帯主年齢に偏っていること,世帯年収
からみた経済階層や学歴や職業からみた社会階層において同じ階層への集中度
が高いことを明らかにした。