二世帯住宅をつくるまえに

FH036_L
日本独自で発展した二世帯住宅は百年住宅実現へ向けて必要不可欠な存在地震が起こってからでは遅いです。
建物設備の地震に向けた先行投資なら、←ここから様々なタイプの情報を探せます。
限られた土地で住宅に工夫を加えるなら上か下に延ばすしかないと、まえに述べましたが、そういった条件をクリアする意味でz」こ最近、注目を浴びるようになったのが二世帯住宅です。今までのように、20年、30年で家をつぶしてしまうのではなく、50年、100年もつようにするためにも、二世帯住宅は必要不可欠な存在といえるのではないでしょうか。二世帯住宅は日本だけで発展した、独特のスタイルをもっています。欧米諸国では、子供たちが成長したら独立するのが当たり前という考え方ですし、大家族主義のアジア諸国でも見かけることはありません。ある程度、欧米諸国の生活様式を取り入れてしまった日本においては、もはやアジア的な大家族主義には戻ることができないでしょうから、共有部分を残しつつ住み分けする二世帯住宅が増えていくと思われます。事実、きちんとした統計は出ていませんが、その数は、およそ20万戸以上あるといわれています。二世帯住宅が増加してきた北凰皐には、やはり土地峨入がますます困難になってきたことがあげられます。加えて、親の立場としては、つねに子供の近くにいることで安心を得るといった、つかず離れずの関係が増えてきたからだと思います。

社会学においても,多摩ニュータウンに関する総合的研究として小林ほか編
(1987)では店田(1987)がニュータウン地区と一般郊外地区の住民特性の比
較を行い,浦野(1987)がニュータウン住民の住み替え行動を分析した。