バリアフリー住宅への対応は早めに

FH035_L
大掛かりなものでは、将来的にリフトが必要になったとき、設置が可能なように天井を補強しておくことなどがあげられます。その際、たとえば寝室からトイレ、浴室、洗面室などへ直線で移動できるように、リフトの通過ルートを考慮して設定しておけば、介謹する人の負担が軽減されることでしょう。こうしたバリアフリー住宅は、確かにお金がかかります。でも、先行投資としてとらえれば、むしろ割安になる場合もあるのです。なぜなら、いまは25年で建て替えするよりも、100年もつ住宅が求められており、そのような住宅にしておけば、建て替え費用だけでなく、老人に対する介護費用も軽減されるからです。予算がないのなら、一言に全部やろうとするのではなく、段階的に行ったり、将来的に可能になるような配慮を設計の段階からしておくべきでしょう。たとえば、エレベーターが設置できるようにスペースを確保しておくだけで、コスト的にもずいぶん違ってくるはずです。
地震列島日本では建物を建てる時、必ず地震を見越した設計をする。各種不動産知識は、←こちらをご覧ください。
高齢化社会において求められるバリアフリー住宅とは、一言でいうなら、「人にやさしい」住まいです。人にやさしいということは、若い人にもやさしく、住みやすい家になるのです。また、こうした住宅に誰と住むのかがポイントになります。

また金城(1983)は,千里ニュータウンと泉北
ニュータウンの居住者の年齢別人口構成の比較から,泉北ニュータウン居住者
の年齢別人口構成が先に開発された千里ニュータウン居住者のそれを追随した
形となっていること,住宅の所有形態により年齢別人口構成に違いがみられる
ことを指摘した。