さまざまなバリエーションのなかから二世帯住宅での暮らし方を考える

FH037_L
二世帯任宅をつくるにあたっては、どこを共有部分にするかがポイントになります。詳しくはあとで触れますが、玄関は一緒でいいけれども浴室は別がいいとか、親にだって友だちがいるのでリビングを子世帯だけのものにするわけにはいかないとか、家族によってそれぞれ要望が違ってくるのです。ここでは、やはり悩んでいる様子がひしひしと伝わってきます。親としては、このまま二人きりでいたほうがいいのか、それとも増改築によって二鯉術住宅にして子供を呼んだほうがいいのか、というように最初の段階から迷ってしまうようです。住宅事情が複雑化する現代においては、家を建てることをきっかけに、人生そのものを見つめ直していく時代になってきたといえるのです。
ところで、不動産といえば、←こちらのサイトがお勧めです。
二世帯住宅での暮らし方をさまざまなバリエーションから考える二世帯住宅は、親世帯と子世帯の人間関係やそれぞれの生活スタイルの違いによって、そのバリエーションは数限りなくあります。建物をどう使い分けるかを考えてみても、玄関を別々にして屋内ではまったくつながっていないとか、玄関は一つにして屋内に入ったら階段でセパレートするとか、内階段で始終行き来しているものもあれば、万が一のときにだけ使用できる通路があるなど、さまざまです。土地活用をみても、敷地いつぱいに家を建てて二分割するものもあれば、中庭を設けて、コの字型の建物を対面式にするとか、同じく中庭を設けて、L字型の建物を 組み合わせるように配置し、それぞれの建物を回遊できるようにするなどの方法があげられます。また、同じ二世帯住宅であっても、息子夫婦との同居なのか、娘夫婦との同居なのかによって、事情は違ってくるようです。